HOW TO エコハウスクリーニング!

リビング編

家族みんなが集まるリビングは、散らかりやすくてお掃除が大変ですよね。
そこで、身近なものでパパッとできるカンタンお掃除テクをご紹介します。

1. お手製カーペットクリーナーでゴミを一掃!

カーペットにからまった髪の毛やほこりは、掃除機でもなかなか上手く取れないものです。そんな時はラップの芯と輪ゴムで、コロコロカーペットクリーナーをつくってみましょう。ゴムの摩擦力で、ゴミが気持ちいいほどごっそり集まります。

用意するもの
用意するもの:ラップの芯 ・輪ゴム7〜8本の写真

・ラップの芯 ・輪ゴム7〜8本

お掃除法
カーペットの写真
a. ラップの芯に5cmくらいの間隔で輪ゴムを巻きつけます。
b. カーペットの上をコロコロと転がします。
c. 輪ゴムに集まったゴミは、ラップの芯からはずして水につけると簡単に落ちます。
シールはがしの裏ワザ写真

ドライヤーを使って、簡単シールはがし。 とれなくなってしまったシールには、20cmほど離したところからドライヤーの温風をあてます。数秒温める程度でOK。熱でシールの粘着力がゆるんで、スルリとはがせます。

このページのTOPへ

2. みかんの皮で、畳の黄ばみを解消しましょう!

柑橘類の皮を使って、黄ばんだ畳を元のキレイな色に戻す方法です。黄ばみ防止や畳の寿命を延ばす効果も期待できます。畳は湿気を嫌うので、雑巾はしっかりとしぼるのがポイントです。

用意するもの
用意するもの:みかんの皮5〜6個分 ・雑巾の写真

・みかんの皮5〜6個分 ・雑巾

お掃除法
畳の黄ばみの写真
a. みかんの皮を天日で乾燥させます。
b. 鍋に水とみかんの皮を入れ、沸騰させて15分くらい煮ます。
c. 煮出した汁で雑巾を固くしぼります。
d. 畳の目に沿って拭きます。
フローリングのツヤ出しの裏ワザ写真

米のとぎ汁はフローリングのツヤ出しにGOOD! お米のとぎ汁、捨ててしまうのはもったいない。とぎ汁を使って床を水ぶきしてみましょう。米ぬかに含まれる油分が天然のワックスとなって、床に自然なツヤが出てきます。

このページのTOPへ

3. 洗剤&雑巾不要!窓ふきには古新聞が活躍します。

窓ガラスを磨くには古新聞が大活躍!新聞紙のインクが汚れを分解し、ツヤを出します。空気が乾燥した晴れの日はすぐに乾いて跡が残りやすいので、くもりの日に磨くのがコツです。

用意するもの
用意するもの:古新聞 ・水の写真

・古新聞 ・水

お掃除法
窓ふきの写真
a. 新聞紙を持ちやすい大きさにたたみます。
b. ぬるま湯で新聞紙を充分に濡らし、固くしぼって窓をふきます。
c. 乾いた新聞紙で、から拭きします。
網戸掃除裏ワザ写真

取り外しがめんどうな網戸掃除は、新聞紙をはりつけて。 網戸のお掃除は、外側に新聞紙をはりつけ、中から霧吹きで水を吹きかけておきます。新聞紙が乾いたら取り外し雑巾で軽く水ぶきすれば、網目の中の汚れまですっきりキレイになります。

このページのTOPへ