引越と大安(六曜)

日頃は気にしなくても、引越などのイベント時にはやっぱり気になる大安吉日。
あなたの引越に最適の日はいつ?
六曜カレンダーでチェックしてみましょう!

引越と大安(六曜)

六曜について

カレンダーに小さく記されている先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口を「六曜」(りくよう)と言います。
室町時代に中国から伝わったとされ、明治以降広く使われるようになったようです。
引越と六曜は関係あるのでしょうか?
普段は六曜なんて気にしないけど、冠婚葬祭とか引越とか非日常的なイベントがあると、なぜか「この日は大安だから・・・」なんて気にしてしまいますよね。

六曜は、旧暦の(月の数字+日の数字)÷6 という式で余りの数を計算します。

余りが 0 の時 ⇒ 大安 余りが 3 の時 ⇒ 友引
余りが 1 の時 ⇒ 赤口 余りが 4 の時 ⇒ 先負
余りが 2 の時 ⇒ 先勝 余りが 5 の時 ⇒ 仏滅

「旧暦の5月1日を大安とする」は、つまり余りが0ということ。
お引越しでも大安は人気があるようですが、一日一日を占ったものではなさそうで、さほど気にする事は無いようです。

先 勝 「先んずれば即ち勝つ」の意味。自分から事を始めれば吉で、万事に急ぐ事がよいとされる。午前中は吉で、午後は凶と言われる。
友 引 勝負事で何事も引き分けになる日。朝晩は吉で、正午だけ凶。 法事を行うと、友が冥土に引き寄せられるとの迷信があり、葬式の禁忌日とされる。
先 負 「先んずれば即ち負ける」の意味。自分から物事を進めず、万事に平静である事が良いとされる。午前中は凶で、午後は吉と言われる。
仏 滅 万事において凶とされる日。釈迦の死んだ日とは無関係であり、何事にも手を出さないのが良いとされる日。
大 安 「大いに安し」の意味。六曜の中で最も吉の日とされる。
特に婚礼は大安の日に行われることが多い。
赤 口 午の刻(午前11時頃から午後1時まで)が吉で、それ以外は凶とされる。お祝いは特に凶とされる日。

このページのTOPへ